【10/14まで】Amazon Musicが4ヶ月99円キャンペーンを実施中!詳しくはこちら

レゲエ・プロデューサーHASE-Tが選曲する「コンピューターライズドレゲエ」

レゲエ・プロデューサーHASE-Tが選曲する「コンピューターライズドレゲエ」

今回「DTMのさきがけ、ジャマイカで起こったコンピューターライズドムーブメント」をテーマに選曲してくれたアーティストは…

HASE-T

Twitter / Instagram / 配信サイト一覧

日本を代表するレゲエ・プロデューサー、トラックメーカー。80年代後半、東京クラブミュージックの夜明けと共に音楽活動を開始。 ​ 2001年からプロデュース活動を本格化。レゲエのDJの登竜門的コンピシリーズ、「Dance Hall Premier / VA」シリーズをスタートさせ、トラックメーカーのみならず、プロデューサーとしても認知されるようになる。その後現在に至るまで通算10枚以上のコンピシリーズをリリース。 和田アキコ、吉川晃司、加藤ミリヤ、遊助、JUJUなどJ-POPからRYO the SKYWALKER、PAPA-B、H-MANなどのレゲエアーティストまで数多くのプロデュース、リミックスを手がけています。 2021年にプロデュースを始めて20周年を向かえる事をきっかけに、現在ソロプロジェクトがスタート。3/18(水)にGO AROUND / HASE-T feat 貫太郎が配信スタートしています。


プレイリストタイトルとテーマ

「コンピューターライズドレゲエ」

レゲエとエレクトリックなサウンドが融合したコンピューターライズドレゲエ。選曲してくれた曲とともに、レゲエプロデューサー・トラックメーカーならではの楽曲に対するコメントも必見。「GO AROUND / HASE-T feat 貫太郎」は3/18に配信開始されたHASE-T自身の曲であり、こちらも見逃せない。

楽曲リスト

  1. Wayne Smith – Sleng Teng
  2. Admiral Bailey – Jump Up
  3. Admiral Bailey – Big Belly Man
  4. Shabba Ranks – Pennie Pennie
  5. Shabba Ranks – Get Up Stand Up & Rock
  6. Red Dragon – Duck
  7. Red Dragon – Fresh
  8. Super Cat – Sweet For My Sweet
  9. Chaka Demus – Young Gal Business
  10. Hase-T feat 貫太郎 – Go Around

Spotifyのプレイリストはこちら↓

Wayne Smith – Sleng Teng

コンピュータライズドと呼ばれる打ち込みのトラックのスタートとなったクラシックチューン。※Midiで打ち込まずそのまま手弾き、ドラムマシーンを叩いて録音する制作スタイル。

Admiral Bailey – Jump Up

Jump Up Riddim、Kuff Riddimとも呼ばれている曲。当時のHip Hopのグループ、Jungle Brothersが来日公演でこのオケを使ってライブをしてました。

Admiral Bailey – Big Belly Man

日曜日、お昼の伝説的TV番組、ビートたけしのスーパーJOCKEYでのオープニングテーマソング。当時の日本のラガな人たちはTVからAdmiral Baileyが流れたと騒然となった記憶あり。

Shabba Ranks – Pennie Pennie

初期のShabba Ranksの名曲。歌詞はお下劣ですがそれもジャマイカ。

Shabba Ranks – Get Up Stand Up & Rock

Chaina Town Riddimと呼ばれてます。ベースがうねるとはこの曲がいいサンプルになると思います。

Red Dragon – Duck

ダンスホールクラシックリディムの1つ。ダンスをネタした曲。

Red Dragon – Fresh

Red Dragon来日公演@池袋西部の屋上でのライブをかすかな記憶ですが覚えています。

Super Cat – Sweet For My Sweet

イントロがEric B. & Rakim、Paid in Fullと思わせてその後はダンスホールレゲエ。

Chaka Demus – Young Gal Business

イントロが印象的なこの曲。同じオケでSuper Catも歌ってます。

Hase-T feat 貫太郎 – Go Around

3/18に配信になった久しぶりの自分のシングル。この曲はオケ制作はProtoolsで作って、声録りも自分でやって、Mixも自分でやってすべてPCで完結しています。コンピュータライズド(ノーシーケンス)からスタートして今ではPCがあればOK。30年ぐらいの楽器、音楽制作環境の進化も体験中です。


mellowでは本企画にご協力いただけるアーティストの方を随時募集しています。興味のある方は以下のページからぜひお問い合わせください!

プレイリストカテゴリの最新記事